⽇越ともいき⽀援会について - NPO法人日越ともいき⽀援会

NPO法⼈⽇越ともいき⽀援会

⽇越ともいき⽀援会について

日越ともいき支援会とはベトナム人の命と人権を守る

浄土宗の寺院・日新窟のベトナム支援活動は、前住職の吉水大智がベトナム戦争の悲惨さを現地で目の当たりにした1963年に遡ります。

2011年の東日本大震災に際し、被災したベトナム人を受け入れたことから、『日新窟』の名前が在留ベトナム人の間で広く知られるようになりました。また、その頃から日本に在留するベトナム人技能実習生、留学生の数が急増し劣悪な環境に置かれている彼らからの相談も日増しに増加して、今では在留ベトナム人の『駆け込み寺』として、メディアに取り上げられる機会も増えました。
その支援活動は相談の枠を超え、住居の確保、帰国出来ない若者達の保護、労使交渉にまでに及びます。

平成25年から活動をしている『日越ともいき支援会』は、今年東京都より非営利活動法人として認可も受けました。『日越ともいき支援会』は、ベトナム人の命と人権を守る活動を通して、ともにいきる社会を実現することを目指す団体です。

日越ともいき支援会とは

主な事業内容

⼈道⽀援活動

⼈道⽀援活動

劣悪な環境で働く技能実習生や失踪者の救済・保護など、在留ベトナム人の人権を守ります。

広報・教育活動

広報・教育活動

外国人労働者を取り巻く環境、外国人労働者の権利について、国内外へ発信します。

地域貢献⽀援活動

地域貢献⽀援活動

日本人に向けたベトナム文化・歴史に関する勉強会などを通し、日越の相互理解に努めます。

令和元年度支援実績

⽀援:218名
保護:46名

令和元年度活動実績

支援:218名
保護:46名 外国人労働支援結成会登壇@神戸
外国人労働者問題勉強会実施@東京
日本語教室@日越ともいき支援会
ベトナム語講座@日越ともいき支援会

令和元年度事業実績

失踪者の入管支援・保護
医療費トラブルの解決
雇用トラブルの和解相談
妊娠・出産・中絶問題
刑事事件の接見通訳手配
弁護士の選任
労働組合との団体交渉
医療通訳手配
労災申請